今日から始める一眼レフ

sea

おはこんばんちは!満員電車で潰されかけたとっくんでぃーす!
今日の記事は少し長くなりますので、面倒な方は回れ右でオナシャス!
この暑い時期はBBQに海水浴、プールや旅行といった外出が多くなる季節ですね!

となると、やっぱり使うは「デジカメ」ですね!
どこかへ出かけて写真を撮りたくなる事が、よくあると思います。
現在ではスマフォも普及した為、ポケットから出してすぐに撮影し
すぐにInstagramやTwitter、FacebookといったSNSへ投稿する事ができるのも魅力ですね。
でもやっぱり綺麗に撮りたいですしおすし

私の場合には、もともとコンデジ(普通のデジカメ)で写真を撮ることが好きだった所から一眼へと転身しました(人´∀`)
一番最初に使っていたのは、実家にあったOlympus(そういえばちょうど1年前位に粉飾決算騒ぎが・・)
その次にPanasonicを3台経由(1代目紛失、2代目紛失)して、今に至りますヽ(*゚ω゚)ノ
最後に持ってたやつは弟にあげましたww


さて、コンデジを使っている方でも、あまり一眼レフを触ったことのない方は、難しそうなイメージがついてると思います。
実際に、私がコンデジを使って撮影していた時には、ISO感度の設定がある事すら、知りませんでした!
完全にオートで撮っていただく設定ですね♪

でも難しいと思いきや、原理を理解してしまえば至極簡単です。
細かい数値の計算は全て機械がやってくれるので、実はそんなにこっちが気張る必要もありません。


では一眼レフカメラと、コンパクトデジタルカメラの違い、メリットデメリットは何でしょうか
そもそも一眼レフってなんやねん

差異 一眼レフ コンデジ
被写体の確認 基本的にファインダーに目を当て覗いて確認します
モードによってはディスプレイで確認する事が出来ます
基本的に背面に位置するディスプレイで確認します
暗い所に向いてるか 設定次第では、きれいに撮影する事が可能(詳細説明は後述) 不向き
暗いところでフラッシュをたき、ノイズバリバリの最悪な感じになってしまう
AF(オートフォーカス) 専用の機構が搭載されているので、コンデジより圧倒的に早い 遅い
最近の機種では大分是正されているが、それでも精度は叶わない
ノイズの大小 少ない
設定にもよるが、コンデジよりは圧倒的に少ない
多い
夕暮れ時~夜間の撮影時はなかなかにノイジー
持ち運びの利便性 大きく重い
上位機種になればなるほど、重くなる
バッテリーグリップ(通常のバッテリー+αの奴)とか付けると腕が非常に疲れる場合がある
小さくものすごく軽い
新商品が大量に出てくるし、その度に軽量化されている気がする
持ち運びでは此方が優位

ざーーっとあげて、こんなところですか。
少なくとも、サイズの問題以外はクリアできると思います
そして何よりカメラを持ってると、会話が増えますw
集団でいるときの集合写真もそうですし、こんなの撮ったんだよ~と楽しめますしね。


じゃ、概要は判ったけど、やっぱり設定とかめんどくさそうじゃん(・`3´・)!
という方の為に、以降の記事を書いていきます(人´∀`)
ちなみに、私が一眼レフを購入する時は2か月前くらいから毎日カメラについて勉強してました!
早く試したい、早く撮ってみたい、という気持ちが募る日々でしたな~
その時勉強した事を、私なりに纏めてみようと思いまするんるん


≪一眼レフ撮影時の設定項目≫

カメラは、シャッターを開いている間に光を取り込み、画像を記録します
暗い所で撮れば写真は暗く。明るい所で撮れば写真は明るくなります
でも、暗すぎると真っ暗になって何が映ってるのかすら判らなくなりますし
明るすぎると今度は真っ白になって、某テレビで問題になった「ポリゴンフラッシュやないか!!!!!111」となってしまいます

その為に、カメラでは適正露出というものがあります。
それが、「適正な明るさですよ」と示すものです。
デジカメのオートモード等を使っている時には、カメラが勝手に計算をして、その適正露出を設定して撮っているのです

カメラにはその露出を決める“3原則”が存在します

  • シャッタースピード(SS)
  •  書いて時の如くですが、シャッターを開いている秒数を指定する事が出来ます
    機種により異なりますが、30秒開きっぱなしにする事や1/4000秒でシャッターを切る事も設定できます
    シャッターはゆっくり切るほど多く光を取り入れますが、動体を取るとブレてしまいます。
    シャッターを早く切るほど取り込める光は少ないですが、動体でも止まった様に撮ることが可能です

  • 絞り
  •  シャッターを切る際にシャッターの開き具合、要は光の通り具合を設定する事ができます
    簡単に言うと、人間の目を薄く開くか、クワッと開くかの様なものですネ
    絞り値(F値)はFxxの形式で表されます(F1.4,F2,F3.5,F4,F5.6,….F22等)
    数値を小さくする事をF値を開放するといい
    数値を大きくする事をF値を絞るといいます
    F値を開放すると、光の通る量が多くなり、開放するほど写真の背景ボケが生じます(被写界深度が浅いという)
    F値を絞ると、光のとおる量が少なくなり、絞るほど全体的にピントの合った写真になります(被写界深度が深いという)

  • ISO感度
  •  ISO感度を変える事により、全体に取り込む光の多さを指定できます
    100~12800等まで変更する事が可能です
    ISO感度を高くすればする程、光の量が多くなり明るく撮れるが、ノイズが目立ってくる
    ISO感度を低くすればする程、光の量が少なくなり暗くなるが、ノイズが目立たない

    それぞれ三原則には上記の様な特性があります
    では、適正露出はどの様に弾き出せばよいのか。

    シャッタースピード+絞り値+ISO感度 = 1
    と考えれば良いのです。
    配分的に取り込む光の量をこんな風に考えて、100%=適正露出と考えれば大丈夫です
    その設定は、如何様にも変更可能ですしね

    ≪ex1≫
    ex1

    ≪ex2≫
    ex2


    そして一眼レフには様々な撮影モードがついてます
    コンデジの(夜景モード♡の様なものです)

    AE⇒プログラムAEモード
    SSもF値もぜーんぶカメラにお任せチャングンソク!というモード
    これでも楽しめますが、他にもいろいろあります。

    M⇒マニュアルモード
    SSもF値もぜーんぶ、自分で決定します!あなたは口を挟まないで!ゲデヒトニス!といった具合です
    星景写真を撮る時とかは、このモードにします。
    暗すぎたり、明るすぎるとカメラでも判断出来かねる場合がありますので、そういう場合に有効です

    Av⇒アダr絞り優先モード
    F値はこっちで決めるぜ!だから最適なSSをはじき出してくれベイビー!
    というのがこちらのモード
    ボケに重点を置いて撮影したい場合に等に有効です
    (ex1:)背景のボケて、人物が浮き出た様な写真を撮りたい!⇒絞りを開放する
    (ex2:)このひまわり畑を、全てにピント合わせて撮りたい!⇒絞りを絞る

    Tv⇒シャッタースピード優先モード
    SSはこっちで決める系男子!絞り値はカメラに任せた系男子!おっす!というのがこちらのモード
    主に動きが早い動体を撮ったりする場合に使います
    (ex1)
    電車を撮りたい、飛ぶ鳥を撮りたい、流れる滝をザ・ワールドの如く止めたい⇒シャッタースピードを短くします。人間の通常時を撮影するなら1/250もあれば完璧です
    (ex2)
    高速道路で車のテールランプの軌跡を撮りたい、夜景を撮りたい、流れる滝を滑らかな糸が重なった様に撮りたい⇒シャッタースピードを長くします


    大体はAv又はTvで撮影してる気がします。それでもTv多めかも
    この2つのモードで撮影すれば
    「ボケた写真」「動きを止める写真」「流動性を感じる写真」等、思い描くコンセプトに合った写真を撮影する事が出来ると思います
    つまり、ISOは付加要素で考えればOKです
    大体快晴の昼間はISO100~200、夕方、曇りは400~800、室内撮影は3200…等
    ただ、前述したとおりISO感度を上げ過ぎると、カメラちゃんが感じすぎちゃって画像に「はぁんっ///ノイズがっ///」となりますのでご注意を


    ちなみに、勘違いをしている方も多いと思うので先に言っておきますが
    暗いからといってフラッシュを使う事はほぼありません(多分)
    どちらかというと日中昼間に、人物を撮影する際使う場合が多いです
    これは逆光による顔面の影をなくしたりとか・・そういった為に

    詳しくはggってください(丸投げ)


    あとは、とにかく撮影する事ですね!
    重くて面倒かもしれませんが
    綺麗な景色を撮ったり、人の笑顔を撮ったり、その時の情景をデータとして残せるっていうのは素晴らしい事ですから
    何より私の場合、将来子供が生まれてあたふたしない様にしたいというのが大きいんですがねw

    今回はあくまで基本なので、もっともっと小技はいろいろあります
    ここで触れるとややっこしくなるので、今回は触れないでおこうと思いますが。。w

    さてさて、こんな感じですが
    少しでも興味を持たれた方、ぜひカメラライフを充実させてください(人´∀`)
    お金は掛かりますが、どこかへ出かけるのが楽しくなりますよ~♪
    以降写真をこのサイトで上げる際には、それぞれの設定もちゃんと書くようにします(*´ω`)ノ
    exifは削ってるので!


    それでは3800文字を超えたので、ここいらで~!
    この記事は適宜更新していく予定なので、いつものよくわからないまめちしきは無しとします(゜_゜)
    ※あくまでプロではないので、参考程度にどうぞ


    1. コメントはまだありません。

    1. トラックバックはまだありません。